車を売り渡すのにあたって、仕事で日の出ているうちに買取

子供が生まれましたので、2シーターの車から、

子供が生まれましたので、2シーターの車から、買い換える運びとなりました。

独身の時からこの車一本ですので、愛着を持っていました。

新車を手に入れるため、売却することにしました。

予想していたより、査定額は伸び悩みましたが、傷が残っているので、仕方ないのかもしれません。

愛車を買取に出したいと思い、ネットの簡単査定を利用してみました。

買取に出す車は赤のアウディで、5年ほど乗っただけの車だったので、自分でもそこそこ高く売れるだろうと見積もっていたのですが、期待を裏切る安さだったのでびっくりしました。

査定を出してくれた業者の方に実際に来てもらって事情を聞いてみると、「今時は軽自動車の方が外車より買取額が高い」と言われ、愕然としました。マイカーの買取してもらう際にわずかな額でも査定を高くしようと車検が切れている、車をわざわざ車検に通す方も多いです。買取、査定の場合、自社工場で車検を通している業者が多いので、多少、上がった査定金額より自分で通した車検金額の方が高いのです。

車検が間近となった時でも、査定をそのまま受けた方が得なのです。

ここ何年かでは、出張をして査定をする車買取業者が増えてきています。指定の日時にお客様の自宅に査定スタッフが来て、車の状態を調べて査定を行うものです。その買取査定額に納得出来るようであれば、売買契約をして、車を提供し、数日後にご自身の口座に買取代金が振り込まれます。

カローラといったらTOYOTAの代名詞といっても良い程、長い間、高評価と人気を集め続けている自動車なのです。

トヨタカローラの特徴というとよい燃費で経済性が高く、広い室内空間で快適な乗り心地や、長時間乗っていても、疲れることがない安定走行、荷室が広く使いやすいことなど、見た目も機能も兼ね備えた車です。

中古自動車売却に関して言えば、「車庫証明」は必要書類の中に含まれていません。

でも、新しく購入した車に関しては、車庫証明を取得する手続きを行う必要があるのです。

これに関しては、自動車販売店が代わりに手続きをやってくれる場合が多いですが、個人で車庫証明を取得することも可能です。

ちょっと手間はかかりますが販売店側に手数料を支払わなくても構わないので、自分で手続きに行っても良いと思います。

手続きをするときには、前に乗っていた車はどうなったか説明しないといけないので、売買契約書を持って行く必要があるのです。

古い車を売るなら、ちょっとでも高価に買い取ってくれればありがたいものです。

買い手側との取引で、「その時点で納車できる」ということは、売る側のメリットとなるようです。そのため、検証の際には、車検証、自賠責保険証、実印、印鑑証明書、自動車納税証明書をすぐに出せるようにしておくことを推奨します。

車を手放す時の選択肢には、ディーラーに下取りって貰う方法もあります。

でも残念ながらディーラーの下取りは、中古車を買い取る業者に頼むよりも金額が安くなってしまうことが珍しくないのです。他にも、オークションに出品するという方法もあるのですが、手数料などで損をする可能性が低くないことも知っておくべきです。

中古の車を購入する場合は、いわゆる事故車を買ってしまわないように慎重になった方がいいかもしれませんね。

いくら修理済みであるとはいっても、事故車は安全性に問題がある場合もあります。

しかし、アマチュアが事故車を見つけることは難しいため、信頼できる業者で買ってください。

私は前に自家用車の買取を依頼したことがあります。

私に限ったことではなく、買取を希望されるほとんどの方は買取価格を高くしたいと思うでしょう。そのためには車関係の雑誌やインターネットの買取サービスなどを利用して、買取価格の相場をしっかり調べておくことが大事だと思います。

その結果、買取金額が高くなる可能性が上昇すると思われます。

About the Author