最近、子供が生まれて家族が増えたので、ミニバンにし

もはや修理もできない状態の車を「全損」と言いますが、実

もはや修理もできない状態の車を「全損」と言いますが、実際に全損には2種類の意味があります。ひとつめは言葉のイメージ通り大破した物理的全損で、次に、経済的全損といって車両保険の給付金をもってしても修理費が払いきれない状態もまた全損と言います。事故などの際、車両保険から支払われる額は、加入時に決まるのではなく市場評価額ベースで変化していきます。

日本自動車査定協会発行のリファレンスなどで保険会社は適正な金額を算定します。もし実勢価格と違うと思ったら、納得がいくまで説明を求め、金額については交渉しましょう。いくつかの業者から見積もりを出すことを「相見積もり」といいます。

これをどこにいても実施できるようにしたのが、Webで利用可能な車の一括査定サイト。

さらに、この相見積もりの中には、一緒に同じ時刻にたくさんの査定スタッフに実査定をしてもらって、みんなで査定額を出し合ってもらうという意味もあります。中には相見積もりをお願いすると断られるところもあるようですが、多くの店舗で相見積もりが可能なはずですよ。

「修理歴車」は通常、事故車と呼ばれていますが、車の見積もりの際に大々的に減額される元となってしまいます。しかしながら、修理歴のある車が全部同じように修理歴車になるわけではないのです。

車体の骨格にまで修理歴が及んでいなければ、外装のへこみなどを板金塗装してあったとしても通常の修理歴車扱いにはなりません。でも、修理歴車というレッテルは貼られなくても、以前板金などを行って修理したことがある車は査定の際にマイナスされる可能性が高いです。

中古車として改造車を売却する際、改造はどう査定に響くのかというと、現物や店舗次第という感じです。

改造パーツといえども評価が高くて人気があれば評価も多少加点してもらえる可能性があります。しかし肝心のパーツが傷んでいたりすると中古車市場に出す前に業者が補修する必要があるので、減点は避けられません。

それとは別に、ユニークすぎるものも買い手がつきにくいので、業者としてはマイナスをつけざるを得ません。

そのような結果にならないよう、査定時には車はノーマルに戻しておき、はずしたパーツは専門店やオークションなどで売却するのが正解です。

どんな場合でも一緒ですが、「契約書」の中味を充分に把握することは、自動車に関連したことだけではなくて売買契約をするうえではとても大切なことです。

サインをしたり印鑑を押してしまえば、そこに書かれていることは全て法的に力を持ったことになります。

書かれている車の状態は間違っていないか、肝心なお金に関する部分で不明瞭な点は無いか、充分にみていくことが肝心です。少しでも不安に思ったら自分が納得するまで担当者に相談したり質問したりすることも重要になってきます。

中古車を売る際に必要な事を調べてみましょう。買い取ってもらった金額を振り込むための銀行口座と車検証と印鑑証明(2通必要・発行後1か月以内の物)等を用意しておきましょう。説明書やスペアキーもあれば査定金額がアップする可能性も十分考えられます。

業者を利用して車を売却するとき一番たいへんなのは査定までというのをご存知でしょうか。

金額の折り合いがついたら、あとはほとんどお任せで、一括査定サイトなどに登録されている買取業者なら、必要書類や今後の流れを丁寧に説明してくれて、売主が書類を渡せば引き取りまでの一切の手続きを業者が行いますから、本当に手間要らずです。

必要なのは、実印、印鑑証明、車検証、自賠責保険証、直近の自動車納税証明書です。

軽自動車の場合は実印と印鑑証明書の代わりに認印だけでも構いません。また、車引取りの際に出てくることが多いのですが、純正部品は査定前に出すとプラスになるようですよ。

最終的に代金が支払われますが、現金払いでない場合もあるので、念のため口座を用意しておいてください。

銀行名、支店名、種別、口座番号が分かれば、通帳はなくて構いません。

たとえ万が一、車を買取に出す際に必ず必要である納税証明書をなくしてしまった場合、自動車税を納めた都道府県の税事務所で再度発行してもらわなければなりません。

あるいは、軽自動車では、市役所か区役所での再発行となります。

どこに行ったか分からないのならば早く手続きを完了させて、自動車を買い取ってもらう時にはすぐに出せるようにしましょう。

カービューの車査定に関する質問をみてみると、「他人名義の車は売れるのか」というのが結構多いです。

名義人が家族や知人である場合は、勝手に売ることはできませんので、名義人の方の印鑑証明と実印を捺印した譲渡証明書と委任状(「名義人」から「あなた」へとなっているもの)を用意すれば名義人以外の方でも売却できます。

譲渡証明書や売却証明書は業者がテンプレを持っていますが、ダウンロードもできます。

名義がクレジット会社になっている車は勝手に売ったり、他人に譲渡することもできません。ローンを返済し終えて名義を変更したのちに、査定・売却となります。

車買取業者の困った点は、営業がとにかくしつこいことです。

少しネットを検索すれば、その業者の名がわかるようにして悪評を書いているところも多く、業者との間のトラブルの深刻さがうかがえます。

名前の挙がる業者に少し偏りが見られるのは気になる部分ではありますが、大手になるほどお客さんの数も多いので、それだけトラブルも多いということでしょうか。一つの業者の中でも担当者によって対応が異なるので、その意味では運次第とも言えます。

About the Author