大半の中古車買い取り業者が提供しているサービスの一つに、

当たり前の事ですが、自動車を買う人が多い季節は、

当たり前の事ですが、自動車を買う人が多い季節は、売却サイドから考えても高値取引のチャンスと言えるでしょう。

自動車購入の需要が高ければその分供給しなければならず、当然のように買取金額も上昇します。企業の決算月である3月と9月は他の月よりも中古車販売店は売ることを重要視しますから、上手く交渉すれば査定額を高く買い取ってもらうことも可能でしょう。

9月は、さらに夏のボーナスが出て間もない時期であることから中古車の売れ行きはアップするのでお勧めの季節ですね。

車の買取を検討していたので、ネット上でできる簡単査定を利用しました。車種は赤のアウディであり、新車で買って5年しか経っておらず、査定額はそこそこ高額になるだろうと思って楽しみにしていたら、意外にも非常に安い金額だったのでびっくりでした。

査定をお願いしていた買取業者に来てもらって色々と話を聞いてみたら、「買取査定ではアウディより軽自動車の方が高くなる」とのことで本当に驚きました。

自分の車は何年か前に事故を起こしており、修理屋さんでフレームを直してもらったため、査定条件として「修理歴有り」です。とはいえ、事故の痕跡はパッと見ただけでは分かりません。

業者に買取を依頼する際に事故と修理の話はした方がいいのでしょうか。

それで後から減額を要求されても気分が悪いでしょうし、最悪の場合は裁判沙汰になるかもしれません。

そうしたリスクを勘案すると、やはり正直に修理歴を報告した方がいいと思いました。

いたって普通の中古車なら車の買取に出して高い価格で売ることもできますが、事故を起こした車となると引き取りをしてもらうだけで十分と考えるかもしれません。ですが、近年では事故を起こした車でも一括査定でいくつかの買取会社の査定を受けると、意外に高い値段で買取をしてもらえます。

車を査定する際、事故車であると認められた時は、通常の査定よりマイナスになります。

とは言え、事故車である事実を伏せているようなことは思いとどまった方が賢明です。

その理由は、後から事故歴が判明してしまいいざこざへと発展するケースが多くあるからです。

中古カーセンサーの車査定業者は、数え切れない車を査定してきたのですから、事故車である事実を伝えずにいてもバレるのは時間の問題です。心を乱すような事が起きないようにするためにも、誠実に事実を話した方がいいでしょう。

事故車など曰くのある車の場合は売っていいものかどうか考えることもあるでしょう。

「次は新車にしよう」と計画しているのならば新車購入時にディーラーに下取りの相談を行うのが、円滑に事が運びやすいでしょう。

持ち込み先がカーセンサーの車査定業者であった場合には一般の買取と同様に買取値に多少の差が出る理由は、年式や走行距離、部品状況などによるものです。

現行の型で、さらに純正の部品のみなら割と高い値がつけられます。

中古車を売買するときに、業者任せにしないで全て自分の手で行える時間と知識を持っているならば、自動車の売買は個人同士でした方が最も高値で取り引きできる売却方法だと言えます。個人売買の際にいざこざに発展しやすいのが車の名義変更と支払いに関する事項です。

車の名義変更に関しては、両方が話し合って決めた日までに必ず手続きをしてもらうように紙に書き示すことでトラブル回避可能です。お金関連のトラブルは、1回目の支払いだけちゃんとして2回目以降は支払ってくれない事がないように現金一括払いのみで対応すると余計な金銭トラブルは起きないでしょう。

少し前のこと、長年の愛車を売ってきました。売りに行ったときに取引してくれる中古車業者から、売った車がその後インターネットで販売される流れや取引の手続きに関する書類などのわかりやすい説明を受けました。

大切にしてきた思い出深い車なので、次も大事にしてくれる方に売れればいいなと思い、こちらも真剣に話を聞きました。

年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。しかし、あくまでも目安ですから、年式が旧型ならば大抵の場合年間走行距離数はもうちょっと短いのが通常の考え方です。

自動車を売るときには走行距離が少ない方がプラス査定になるのです。

そうは言っても、車も機械ですから定期的に動かさないと調子を崩すことが多くなってきます。

車の年式に対して極端に走行距離が少なすぎる場合には、見積もり時にあまり大きく加点されないのが現実です。

中古車売却時に必要なものを調査しました。

売却した金額を振り込んでほしい銀行口座と車検証と印鑑証明(2通必要・発行後1か月以内の物)などを用意しておきます。

取説やスペアキーがあると買取、査定の金額が上乗せされる可能性もあると思います。

About the Author