車を売却する際、できるだけ良い値段で買い取ってほし

車を手放すにあたって気になるのは「車査定とディーラー下取

車を手放すにあたって気になるのは「車査定とディーラー下取りどちらがお得か」という事ですが、車種や色、車の状態にもよりますが、車査定の方が、買取額が高い事が多いようです。

というのも、ディーラーによる下取りは標準査定価格に基づいた計算がされますし、さらに、新車の値引き分を含んだ価格が提示されるケースも少なくないので、交渉が難しくなり、車本体の価値が曖昧になってしまいます。

そのため、車査定を選んだ方がディーラー下取りよりお得になる可能性が高いというわけです。

ディーラーへ中古車の下取りをしてもらう際には結構、多くの書類がいるのですが、自動車納税証明書もその一つとなります。もし、納税証明書を失くした場合には、税事務所等で、再発行をしてもらうことになります。自動車の関連書類は、紛失することがないように日頃からしっかり保管をしておくことが大事です。

車を購入する時にはディーラーに車を下取り依頼するのもよくありますが、その場合、下取り車と同時にスタッドレスを買い取ってもらえるでしょうか。

正しくはディーラーによって対応が違ってきて、高い料金で買い取ってくれることや無料での処分引取りになることもあるので、事前に確認することが必要です。

通常、車の買取業者が中古車を査定するときに確認する事項は、おおまかに説明すると車の色や車種などの基本的な事項、ナンバープレートなどを含めた外装のキズの状態や走行距離、車の内部の臭いや汚れの有無、故障歴や事故歴があったかどうかなどのチェックをするのです。

以上のような項目に該当するものがあればマイナス査定していき、査定アップの要因になる新型のカーナビやオーディオなどが付属していたらプラス査定となります。これらの結果とオークションの相場などを判断して、最終的な査定金額が表示されるのです。車の買取査定をする場合、その時期とか依頼する業者によっては数十万円の差がつきかねません。

日頃から車内部の手入れや傷や凹みを付けないように心掛けることも大切なことですが、少しでも高い価格で査定してもらうポイントは、数社の買取業者に依頼をし、その価格を比較検討することです。

たとえ万が一、車の買取に不可欠な書類である納税証明書が見つからない際には自動車税を納めた都道府県の税事務所で再び発行してもらいましょう。あるいは、所有しているのが軽自動車であれば、市役所だったり区役所だったりが窓口となりますのでご注意ください。

もしも、失くしたことに気づいたら速やかに再発行し、車の買取の時には準備できるようにしましょう。

事故してしまい車を修理した時は、事故車とは違い修復暦車とします。こういった場合、車買取業者の査定において、査定の金額が大幅に落ちてしまうひとつの要因となります。

ただし、軽度の事故で修理した場合、稀に修復暦車とされずに正規の買取査定を受けることができる車もあります。車についてしまったすり傷や壊れた個所は、基本的には何も改善せずに状態を評価してもらうようにしましょう。

すり傷や故障があれば、その分だけ評価額は低くなってしまいます。

しかし、傷や壊れた個所は、買い取ってくれる会社が自社で整備、壊れた個所を修繕したりするので、査定される前に修理しておくことは要求されていません。

減額されるよりも、直す金額の方が高くついてしまいます。

買取業者というのは大概、19時以降などの夜間でも構わず、査定依頼に対応してくれます。暗い時間に査定するほうが昼に比べて車体のへこみや傷といったアラが見えにくいため、マイナス対象が減って査定額が高くなるなどといった説があります。

ただ、あまり気にする必要はないというのが本当のところだと思います。

たしかに夕方以降や雨の日や曇天なども薄暗いので見落とす査定士もいるかもしれません。また、綺麗に洗車してある車の場合は明るい時間帯のほうがより美しく見えますし、どちらが良いとは一概には言えません。

プロの腕前の査定士には簡単な嘘はあっと言う間にバレてしまいますよ。

良くあるケースでは、事故歴や修理歴のある車なのに、低く査定されるのを恐れて「ないです」と嘘をついても確認すれば瞬時に判明しますし、嘘をついてしまったという事実で信頼関係を担当スタッフと築こうなんて事はもう無理難題です。

でまかせを言ったことが原因で、査定額は厳しくなるかもしれないことが起きても何ら不思議はありませんから、話しにくいことでも正直に隠さずに伝えた方が良いということがお分かりでしょうか。

About the Author