事故車と表示されている車は、文字通り事故に遭

前に、知り合いの中古販売業者の人に、12年使用した車を見

前に、知り合いの中古販売業者の人に、12年使用した車を見てもらいました。

廃車寸前との結果で、値段をつけてもらえるかどうか心配でしたが、その下取り価格は3万円でした。そのあとは、その車は修繕され代車などに使われているようです。中古車を見積もる際の基準は、その中古車の事故歴や年式、走行距離や内装と外装の状態を見ます。

この確認項目のうちで外装および内装は、査定に行く前に入念に清掃することで見積金額のアップが狙えます。過去の事故歴に関しては、プロの目から隠し通すことは絶対に無理ですから、嘘をつかずに申告してください。これら基礎となる基準をチェックしてから、中古車オークションでのその車の査定相場を加味して、実際の査定金額を導き出します。

二重査定制度というのは、後から査定額の変更ができる制度のことなのです。

買取業者に査定依頼を出して、査定額が決まったとします。

本来、その金額で査定をしてもらって終わりですが、後になって故障や傷が発見される場合もありますよね。

このような場合には、一度決定していたにもかかわらず査定額が変更されることがあるのです。

査定で業者に来てもらうなら夜間や雨天のほうが良い査定が得られると一般に言われています。

ボディのキズやへこみが薄暗さに紛れてしまうため、査定士が気づかず減点されずに済むからというのが理由です。

しかし雨天で隠れる程度の小傷が査定に影響するでしょうか。それより、査定士の都合さえ良ければ昼でも夜でも短期間に一社でも多く見積りに来てくれたほうが良いに決まっています。

価格競争の原理から言えば複数の同業者間で競ってくれたほうが、全体的に提示金額が高くなるというメリットがあります。

一般的に、中古車査定業務において持っていなければならない国家資格はありませんが、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。

中古自動車査定士は日本自動車査定協会が認定し、小型と大型車に分別されています。

半年以上の実務経験があることが必要ですし、学科や技能試験もパスしないと資格取得が叶わないので、この民間資格を所持しているならば、すなわち一定レベル以上のスキルがあるということがお分かりになるでしょう。車査定をいつ受けようか悩んでいるというお話をよく耳にしますが、車査定を受けるのに相応しい時期はいつかというと、愛車を手放そうと思った、まさにその時です。

なぜなら、車は放置したままでもどんどん劣化してしまうものなのです。簡単に言えば、古くなればなるほど価値が低くなるという事です。査定を受ける段階で可能な限り、新しい方が査定額が上がるという事です。もし車の処分についてお悩みであれば、今すぐにでも査定の手続きを取ることが最も正解に近いと言えるでしょう。実車査定を受けるために、店舗まで車を持っていく以外に、先方からこちらへ出張してもらうことも可能です。

CMでもおなじみの大手はもちろん中小に至るまで、多くの買取業者が訪問査定には無料で対応してくれます。ですから同じ日に何社かに来てもらい、同時あるいは同日査定で見積りを出してもらうこともできます。

契約をとるためには金額は高くつけざるを得ませんから、結果的に高額査定に結びつくのです。売却希望の車を見積もりする場合には、カーナビやオーディオなどのオプション品が付いていると基本的にはプラスの査定になることでしょう。但し、古い車種でなければカーナビが付いていない方が珍しいので、比較的新型のカーナビでないとグッと高く見積もってもらえるケースはないといって良いでしょう。

そして、同じ理由によって車にカーナビがついていない状態では査定金額からマイナスされるケースもあるのです。

動かない車は買取ができないと思っておられる方がかなり多いですが、動かない車であっても、買取をしているところはたくさんあります。

一見、動かない車に価値なんてないように思いますが、動かない車であっても価値はあるのです。用いられている部品は再利用ができるようになっておりますし、鉄でできている車なので、鉄としての価値も十分にあります。実際に中古車査定を行う時には、車をディーラー、または、中古ズバット業者に運び、査定を受けるのですが複数の業者の査定を受けたうえで、売却を決めたいですね。

もっとも持ち込むより先に、大まかな査定額が分かれば面倒がなく助かると思います。

メールのみでやりとりできる業者もあるのかというと、多くの業者が対応してくれるようでした。余分な費用もかかりませんし、一度、メールでの査定をするのが良いと思います。

About the Author