少し前のこと、長年の愛車を売ることにしました。売るのを決めた際に中

車の査定の仕事をする場合に持っていなけれ

車の査定の仕事をする場合に持っていなければならない国家資格はありませんが、中古自動車査定士と呼ばれる民間資格があり、これは国が後援しています。

この資格はJAAI(日本自動車査定協会)によって認定され、この資格は小型車と大型車の2種類あるのです。技能および学科試験をクリアして、なおかつ半年以上の実務経験がないと資格を与えられることがありませんから、この民間資格を所持しているならば、ある一定以上の経験や技能があるということがお分かりになるでしょう。愛車を手放そうとして買取に出すときには、タイヤの溝の磨り減り具合も査定項目の中に入っているため、タイヤの溝が磨り減っていたら減点されます。しかしながら、車を手放す前に新しく購入してタイヤを付け替えてもタイヤ購入のお金以上に加算されないので、新しくタイヤを変える必要性は皆無ですね。

しかし、タイヤがスタッドレスの場合には、あらかじめ通常のタイヤに戻しておいた方が良いでしょう。スタッドレスタイヤは時期や季節によって需要の有る無しがハッキリしているために、査定時に減点されてしまう可能性が高いのです。

買い取り業者を利用した車査定で、特に注意するべきは、客を騙したり誤魔化すことで小金を稼ぐ悪徳業者の存在です。

こちらが納得した買い取り価格を、様々な理由をつけて後から減らしていく、契約書類を作らず、金額など大事な点も口頭の報告で済まそうとする、催促するまで入金してこなかった、等々さまざまなケースがネットに上げられています。とは言っても、あくまでネット上に流れる口コミ情報です。

信憑性の低いものもあるでしょう。しかし、誰もが知っているような有名業者が査定であざといことをしてくる場合もあり、そういう可能性についても、覚えておきましょう。車を手放そうと決めたならば、なるべく早くやったことが良いこととして挙げられるのが、その車が今大体どの程度の資産価値があるかを知ることです。

現時点での相場の価格を知っていれば買いたたかれてしまう可能性を随分と減らすことが出来るでしょうし、前もって調べた買取相場よりも高く査定してくれたお店にその場で契約を決めてしまうことも出来てしまうのですね。多数の買取業者にネットを利用して一括査定可能なサイトがあるので、このようなホームページで相場の値段を知ることはとても簡単です。

自分が持っている車を売ろうとして査定に出したときに、値段がつかない場合も出てきます。

一般的に、過走行(走行距離10万キロメートル越え)の車だったり、破損状態が大きくて大部分を修理で治した事のある車などは0円査定になってしまうケースも良くあることです。

たくさんの会社で査定してもらったとしても一様に査定金額がゼロ円だった際にも、一般的な買い取りではなくて廃車専門の買取業者へ買い取り依頼することもできますから、気落ちして売ることを断念することもないでしょう。

車を高価格で売るには、様々な条件があります。

年式、車種、車の色などは特にしっかりと見られます。

比較的、年式が新しい車種の車は査定額も高価になります。

また、同じ年式、車種でも、カラーバリエーションによって価値が違ってきます。

通常、白、黒、シルバーの車は高めに売ることができます。

車の下取りの価格を少しでも高価にするには、一度に見積もりしてくれるサイトを利用するのが簡単です。複数社より推計の提示があるため、売りたい車の相場を把握することができ、それらの情報を元にディーラーなどの下取る先方にも談判を進めることができます。車の査定を受ける前に、洗車を済ませておくかどうかですが洗車すべきという人、と洗わなくていいという人がいます。常識的に考えると、洗車を済ませてきれいにしておくのが当たり前のようにも思えますが、そうやってきれいにすると、小さないくつもの傷が見えてくるようになります。

ところで、その道のプロである査定人は、目利きが確かであるからプロなのです。

洗車をしたかどうかに関わらずキズを見落としたりする訳がありません。

ということであれば、汚れた車を見てもらうより、多少でも印象を良くするために、ある程度、きれいに洗っておくのがいいようです。車を売却する際、できるだけ良い値段で買い取ってほしいと思うのは当然だと思います。

それなら面倒だなと思っても、同業他社に競合させて見積りをとるのが一番良い結果が出ると思います。僕は査定時にさんざん粘られて(むこうが粘った)、「今日決めていただけるならこの価格で」と言われましたが、それって営業手法なんです。他社と競合していないのなら、買取価格を上げるメリットはないだろう、ぐらいの冷静な気持ちが大切です。

最低でも2社は比較するようにして、納得できる売却先を選ぶことで、気持ちもすっきりするはずです。買取に出そうと考えている所有車にこれでは売却したくないと考える査定金額を査定士に示された時は、売らないと突っぱねることもできます。中古車見積もりを依頼したとしても、必ずしも契約しなければならないと言う決まりはないのです。一番最初の見積金額では売れないと言うとそのときから、もっと値段を上げてもらえる可能性が高まるかもしれませんし、より高値で査定してくれる会社がないとも限りません。

自分が嫌だと思ったならばハッキリと断りましょう。

About the Author