往々にして話題になる事柄といえば、車の買い取りについてのトラ

往々にして話題になる事柄といえば、車の買い取りについてのトラ

往々にして話題になる事柄といえば、車の買い取りについてのトラブルです。これはどんな人でも巻き込まれる可能性があることです。どんな人であっても、車をこれから売ろうと考えている人は皆、気付けば当事者になっている、ということは十分起こり得ます。そんなことにならないために、中古車買取業者だけは注意して、信用に値するか、あるいは実績があるか、それに、どのような評価を得ているかチェックすべきですし、契約事項の確認は抜かりなく行いましょう。

実際に車を買い換える時には、いくつか選択肢があります。

けれど私の場合、少しでも得をしたい気持ちもあって、下取りに出さず、中古カーセンサーの車査定の専門業者に頼むようにしています。

ネットの一括査定サイトにアクセスして、そこにある入力フォームに車種や電話番号など必要事項を記入して登録をすると、業者の方から電話かあるいはメールで連絡がきます。場合によりますが、5社くらいから電話がくることが普通です。電話がきたらその時、大体自分の車がいくらで売れるものなのか、相場を聞きます。

そうやって値段がわかったところで、良さそうな業者を二つ三つ選びだし、他のところには、もう断りの電話を入れてしまいます。今回手放した車はもう古い車で、車検の期間も迫っていたので、値段の付く車だとは思えませんでした。

ですので、新しい車を買った業者さんに無料で引き取りをお願いしたのですが、その引き取ってもらった車が後日、そこそこの値段を付けられて転売されているのを見ました。

こんなことになるなら、買取業者に査定をお願いして買取金額をちゃんと調べておくべきだったと今になって悔しく思っています。

買い取りする車を査定する時に、非常に大きく関係するのが走行距離です。大抵の場合、走行距離が長くなるにしたがって徐々に査定額がダウンしていくことになります。

5万kmを越えて走行している車は通常「多走行車」という呼び名があり、査定額をダウンする原因となることが多くあります。

10万キロメートル以上の車に関しては一般に過走行車といわれ、全く査定金額が出ない場合もあるのです。自家用車の買取サービスには、離島等でもない限り手数料はかかりません。

もっとも、売主が負担するべき出費はあって、たとえば車の名義変更をするのに業者(買主)に手続きを一任するなら代行手数料がかかります。

名義変更代行の手数料については、あとで振り込まれる売買代金から差し引かれることもありますし、契約書にサインしたのち、現金や振込などで支払うこともあります。

そのときの領収証や振込票はすべての手続きが済むまでは大事に保管しておきましょう。

それと、あまり大きな額ではありませんが、売却時には所有者の印鑑証明、それに、住民票のうつしを必要としますので、その費用がだいたい600円前後かかります。まれに戸籍の附表が必要なときは、別途取得費がかかります。

車検切れの車については査定はどうなるかというと査定を受けること自体に支障はないのですが、ただ、車検を切らしている自動車は当然走行できませんから、査定を受けるには出張査定しかありません。律儀に車検を通した後で売ろうとするよりも、車検は通さないまま買い取ってもらう方が、車検代を考えると相当お得なはずですので、そのまま出張査定をうけることを決断しましょう。出張査定の場合でも、より高い査定額を狙うために一社でなくいくつかの業者に頼むのがより良い結果につながるでしょう。

トヨタで需要の高い車、アクアの特徴を述べます。

アクア一押しの魅力はその燃費が優れているところです。

国土交通省の基準値によると、1Lで37.0kmです。

排気量が1全世界トップレベルの水準と言えるでしょう。燃費優先で、気持ちよく走れる良い車をお探しなら、アクアが推奨されるはずです。自分が車の所有車になっているということは、使用頻度が極端に少なくても維持費は同様にかかります。

車検代は二年に一度、自動車税は毎年かかりますし、更に任意の自動車保険費用もかかります。

更にいうならば、持ち家でなかったとしたら、別途駐車場代もかかってくるのです。車を売ろうかやめようかと考え中の場合、これら少額ではない維持費を払ってでも車を持っている必要があるのかどうかという見方で考えてみれば、売却した方が結局は得かどうかがハッキリしやすいでしょう。たとえ万が一、車の買取に不可欠な書類である納税証明書が見つからない際には自動車税を納入した地の税事務所で再発行の手続きを行ってください。

あるいは、軽自動車であれば、市役所または区役所で手続きしてください。

もし紛失していれば速やかに再発行し、車を売る頃までに手元にある状態にしておくといいですね。車査定を受けるときは、必要な書類や取扱説明書、記録簿などを事前に準備しておくことは好印象になり、査定額が上がることもあるので、しておいた方がよいでしょう。反対に、故障や事故歴などを隠したり、嘘をついたりすれば悪い印象を受けます。修理歴や故障などの嘘をついても、絶対に知られますからトラブル発生につながるのです。

About the Author