トヨタで人気がある車、アクアの特徴をつづりま

車の査定の仕事をする場合に必ずしも必要

車の査定の仕事をする場合に必ずしも必要な国家資格などは存在しないのですが、中古自動車査定士という国が後押ししている民間資格が存在します。

中古自動車査定士は日本自動車査定協会が認定し、小型と大型車に分別されています。

技能および学科試験をクリアして、なおかつ半年以上の実務経験がないと与えられませんから、中古自動車査定士の資格があれば、ある一定以上の経験や技能があるということが分かってもらえるのではないでしょうか。

手放すことにした車はもう何年も乗った車で、ちょうど車検期間も残り少なかったので値段の付く車だとは思えませんでした。

そこで、今回車を購入した店舗にそのまま無料で引き取ってもらいましたが、その少し後で、引き取ってもらった車両が結構な値段を付けられて店頭に並んでいるのを見ました。

こんなことになるなら、買取業者に査定をお願いして買取の場合の金額を調べておいたらよかったのにと今は後悔するばかりです。

普通の中古車屋の場合、買取査定は無償というところが圧倒的に多いです。しかしながらどうせ車を買い替えるのだからとディーラーの言うがままに下取りに出すと、ちゃっかり査定費用が盛り込まれていることがあります。例えば下取額が10万円で査定手数料が1万円なら、実質利益は9万になるということです。中古車買取業者のときと同じ気持ちでいると、しばしば起こりうる失敗です。だからこそ、ディーラーが下取り査定をする以前に、査定は無償なのかそうでないかをあらかじめ確かめておくようにしましょう。

無償ではないことがわかれば、かけあいの仕方次第で金額が変わることがあるからです。実際に車を買い換える時には、いくつか選択肢があります。

けれど私の場合、得ができるということを人から聞きましたので、下取りに出さず、中古ズバットの専門業者に頼むようにしています。

パソコンかスマホでネットに繋いで、一括査定サイトに行き、そこで車種などの売りたい車の情報や、個人のいくつかの情報を書きこんで登録をすると、業者からのコンタクトがあります。

電話連絡の場合が多いです。

通常四社か五社くらいから反応があるようです。

電話連絡がきたところで、大体の相場を聞いておきましょう。

そこから、納得のいきそうな業者を三つくらいまでに絞り込み、他の業者は電話できっぱり断ってしまいます。中古車の査定士は訪問査定時に決まった項目に従い、車の買取査定を行うのが普通です。

未修理のこの項目はマイナス3点、走行キロ数はプラス2点といった感じでひとつひとつ念入りに見ていくので、見落としというのはまずありません。

では、具体的にどのようなところがチェックされるのかというと、当然ながら事故歴、そしてボディの状態(キズ、へこみ)、過去の修復に関することと、他に忘れてはならないのは総走行距離数です。熟練の営業マンが逐一チェックしますから、修理歴を隠蔽したところでバレずに済むはずがありません。

買取業者に行って自動車を売却する際には、あらかじめ故障している場所があるなら正直に申告するようにしましょう。だからといって、査定前に修理することを勧めているのではありません。

故障箇所の状態によってはマイナス評価を受けることになりますが、事前に修理したからといってかえって得にならないことがほとんどなのです。

買取成立の後でお店が故障箇所を直すのにかける金額と個人が修理するために出す費用では、前者の方がグッと安くて済むのです。このようなわけで、査定額に上乗せされる金額では事前修理代金がまかなえないのですね。

事故車のような訳ありの車を売る場合は、果たして売れるのかどうか迷うこともあると思います。新車に買い替えたければ新車を買うディーラーへ下取りの相談も一緒にした方が最も確実です。

車買取業者に買取を依頼する際には一般の買取と同様に買取値に多少の差が出る理由は、年式や走行距離、部品状況などによるものです。

現在も取り扱われている型で、部品もすべて純正品ならば比較的高額で買い取りが成立します。自賠責保険という言葉を知っている人は多いでしょう。これは自動車を持っている人なら加入が義務づけられているのですが、一定の条件が整えば自分の自動車を手放す時に保険金が戻ってくることがあります。

気になる条件とは、廃車にすることを決め、その時点で自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている状態の時です。

廃車にせずに車を売却するときは還付されないのです。

更に、保険金の還付があったとしてもオートマチックに口座などに入金されることはないのです。自賠責保険会社に対して自らが書類の手続きをして還付されるものなのです。中古車を売却するときに車検が1年1ヶ月以上残っていると、買取店舗によっても多少の違いはあるでしょうが、約数万円程度のプラス査定になるでしょう。しかし、車検の残りが一年以下の場合ではいくら残りがあったとしても査定額は変化しません。そうは言っても、実際に売買する直前に車検を通してもあらかじめ車検をするために掛かった以上の金額が査定価格に上乗せされることはないので、手間と時間を掛けて事前に車検を通す必要は全くないでしょう。

車の買取、査定をお願いする前に、車体の傷は直した方がベターなのか気になることですよね。

簡単にすぐ自分で直せる程度の小さめの傷であるなら、直しておいた方がよいと思います。

でも、自分で直せない大きい傷の場合は、修理を頼まないで車査定をそのまま受けた方がよいのです。

About the Author