「そろそろ車を買い替えたい」という時、今

「そろそろ車を買い替えたい」という時、今

「そろそろ車を買い替えたい」という時、今乗っている車をどうするかはよく考えたいところで、安易に下取りをディーラーに依頼するよりは、中古車の買取を専門にしている業者を賢く利用する方が、だいぶ金額的に得をするらしいということが、一般に知られるようになってきました。

お店に出向く手間をかけることなく、パソコン、スマホなどを利用してネット上でおおよその査定額がわかります。

それができるのが、車査定サイトと呼ばれるものです。

利用方法は簡単です。

車種や年式、事故歴といった基本項目の入力を行なうだけで、ほんの数分後に答えを知ることができるでしょう。自賠責保険契約を解除すると残った契約期間によって返金されるのですが、車を売却する場合は買取する業者が名義の変更で対応するため、返戻金は手に入らないでしょう。しかし、その分買取の金額を増やしてもらえることが多々あります。

また、自動車任意保険のケースは、保険会社に問い合わせをしてみて、返戻金を受け取るようにしてください。中古車を売却するときに気をつけておきたいことが、一旦契約を結んだあとで、最初の買取額から下げられたり、車の代金の支払いが滞ってしまうというようなトラブルです。トラブルに遭ってのちのち後悔しない為にも、査定業者の選択は、十分良く考えて行いましょう。

また、買取査定のときにはウソをいってしまうとトラブルの原因になりかねません。過去に修理を行った形跡がある車を修理歴車と呼びます。

この修理歴車は中古車査定においてかなり見積もりを下げてしまう要因の一つになるのです。

しかしながら、修理歴のある車が全部同じように修理歴車になるわけではないのです。

ボディーの骨格相当部分に修理が施されていなければ、車体の傷やへこみを板金塗装したりドア交換したりしても修理歴車とは呼ばないのです。

でも、修理歴車というレッテルは貼られなくても、査定時に修理した履歴がある車は見積額を低くされてしまうことも多いに考えられます。

愛車の下取り、査定価格では走った距離によって大きく左右します。

例えば、10万km超えの車では下取り、査定価格の期待はできないです。

一方、3年で3万km以内、5年で5万km以内だったり、年間、1万km以内の前後の普通自動車だと下取り価格が高くなるかと思われます。過去、走った距離が少ないと車の状態が良いとの判断になるわけです。

自動車ローンの支払いがまだ残っている状況でも場合によっては車を売ることもできます。

売るとすれば、車を売ろうとしている人が車検証の所有者本人であるときだけですから、実際には難しいかもしれません。車検証を確認して、まだ名義がローン会社になっている時は、完全にローンを返し切るまでは実質的な車の所有者はローン会社ということになるので、売却するとしたらローン完済後ということになるのです。もっとも、ローン会社の許諾が貰えるようでしたら、業者の提示した買取額をもって返済にあてるということも可能です。

二重査定制度とは、査定額を後から変更できる制度をさしています。

車買取業者に査定の依頼をして、査定額の決定がなされたとします。

本来、その金額で査定をしてもらって終わりですが、後になって故障や傷が見つかることもありますよね。

そんなケースでは、一度決まっていた査定額を変更される可能性がありえます。一軒一軒実際の店舗に見積もりに行かなくても、多くの買取店の査定金額を車の一括査定サイトで比較することが可能です。

ネット環境が整っていれば、簡単に誰でも時間の節約が可能です。ただし、査定の申し込みを多数の企業にお願いしているから、メリットばかりだけではなくて、後から後から、数多の買取業者から電話が来ることになるはずです。

買取業者からの電話攻勢に強いストレスを感じるようになったり、何度も何度も電話をかけてくる業者が存在する欠点が同時にあることを知った上で一括査定サイトを使うことが重要かもしれないのです。

なるべく高く売りたいなら複数の業者に競合見積もりさせるべきですが、そのためにはウェブにある一括査定サービスなどを活用するのも手です。

スマホ対応サイトも増えているので、24時間どこでもアクセス可能なのがありがたいです。簡易査定の数字が出たら、高値の業者からいくつか選んで価格や条件の交渉をします。

また、仕事中や夜間に電話をかけてくるなど非常識な業者もあるようです。不快に思ったら、あとで嫌な思いをしないためにも早いうちに断るほうが良いかもしれません。簡単便利な車査定サイトですが、ここから車の査定を頼むと、相当しつこい営業電話の攻勢を浴びることがあるのですが、これも、仕方がないことだと思っておいた方がいいです。

こういった営業電話に対しては、話を延ばさないで淡々と断ってしまえば、それ以上かけてくるようなところは少ないですし、また、着信拒否設定という対策もとれますから、対応次第で如何様にもなるかもしれません。

数は少ないのですが、電話番号をはじめとする個人情報を書き込まなくても査定額を出すサイトも存在しますから、査定を申し込むと良いかもしれません。

About the Author